お肉ランチがなせかサラダバーへ。せこさ抜群なデートの話。

56歳、会社経営者とランチをしたの。
事前に好きなものを聞かれて「お肉」と答えたわ。
年齢的にも立場的にも、それなりのお食事を期待していったの。

地下鉄の駅で配られている紙の地図をクルクル回しながら、迷って銀座を15分歩いたわ。
あれ?あれ?って汗かき出して、5分後にはイライラ全開・鼻の穴全開になっててひいたわよ。

なんとかたどり着いたお店がサラダとシュラスコの食べ放題だった。
サラダのみ食べ放題だと980円。
サラダとシュラスコの食べ放題だと2,980円。

当然、シュラスコだと思うわよね。
だけどね、彼のオーダーはサラダのみ980円×2。

え?ってなった。
「お肉」が好きと伝えて、なぜサラダのみ?

周りのテーブルにはね、焼きたてのお肉の塊を店員さんが定期的に運んで回ってる。
私たちのテーブルだけサラダのお皿が2つ並んでる。

当然、店内はお肉の焼けるいい香りで充満してるわよね。
そのお肉の香りの中私たちはサラダをむさぼったわ。

「なんだ?せっかくご馳走してるんだからもっと沢山食べなさい」って。
私、ウサギじゃないのよね。

「制限時間までまだ60分もあるんだからもっと沢山食べなさい」って。
私、もう帰りたいのよね。

当然だけど、話も、私のテンションも盛り上がらず。
彼の気にする制限時間を45分残してお店をでたの。

2,980円のランチって、普通のOLでも食べに行ける価格帯よね。
その金額を払いたくないと思うほどセコい男が、会社経営者と胸を張って婚活していることに驚いたわ。
なんだか馬鹿にされている気分だった。

結局お腹が減って、新橋駅前で博多ラーメン。粉落としで替え玉1つ食べて満足して帰ったわ。
美味しかったわ。

The following two tabs change content below.
楠木メロン

楠木メロン

ホリ子さんの子分よ。年齢は秘密。某出版社の編集者。独身。ホリ子の美貌や行動力に憧れてる。私も婚活してるけど、男の嫌な部分をたくさん見ちゃってホリ子さんと結婚したいなって。時々結婚相談所のお手伝いさん。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る