虚勢をはる大企業サラリーマン。空っぽな男の話。

「うちと取引しちゃう?」

なんだか踏ん反り返って、偉そうにしているバカリーマンがたくさん集まっていた婚活パーティに行ったの。

確かに、女性からしたら、経済基盤がしっかりしてそうな男性も、おつきあいをOKする一つの要因になっているのは間違いないわ。それは認める。

だけどね、虚勢をはる理由が、「大企業のサラリーマン」というのがね、空っぽな感じがするのは否めないわ。

やっぱり、自営業でも小規模な会社経営でも、自分で資金を貯めたり集めたりして、利益をきちんと出している男性のほうが人として魅力的なんだよね。自分の時間を確保できない飲食系以外。

自分の人生のデザインを会社に任せるのではなく、自分で決定していっている姿に魅力を感じるの。まあ話も面白いしね。とはいっても、親の財産で家賃収入で自称自営業者ニートは、問題外だけどね

とは言っても、偉そうにする理由が大企業というのが面白い。

話も結局、「安定している」というのがアピールポイント。

私も当時小さいながらも会社をやってたから、いろいろ言われたわ。
「うちと取引しちゃう?」って。

その代わり、体を求めてくるのは明らかなので、「ただのサラリーマンがほざくな」って心の中で思ったわ。

大きな会社との取引の中で、踏ん反り返った態度をとられて、何度も嫌な思いをしたのを思い出す。

社会の中の「歯車中の歯車!」という謙虚な意識がある人だったら逆に魅かれるけどね。ここポイントだと思うわよ。

虚勢を貼るだけのただの「雇われリーマン」だと腹がたつのは仕方ないことなのかな。私の人生とは相容れない思想だから。

「今の会社にいたら、いろんな関連会社があるから失業することはない」
というのが大半の彼らの根本的な思考方法。何か自分でやるとかそういった発想はほとんどないので、人生がもうある程度決まってる感があって、私的にはつまらないと思ったわ。

ただ、素直に「自分は器が小さい」、「リスクをとる勇気はない」って言っていることは、評価できるわ。まあご本人は思ってないのだろうけど・・・・

でもね、そういう安定のニーズも女性にはあるからね、一概には否定しないわ。

あの婚活パーティには、ある電気メーカーの大企業の社員の人が多かった。もちろん魅力的な人もいたけど、まあ基本的に虚勢バリバリな感じだったから、私は拒否感がでちゃったけどね。

虚勢という粉飾決算で、最近落ちぶれちゃったけど。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る