楠メロン。結婚相談所に登録して初の交際期間突入〜素敵な出会いがありました〜^^

婚活を始めて早くも数年。
なかなかピ〜ンとくる素敵な男性に巡り会えなかったけど、今回は良いと思える出会いがあったの。

歳は私の1個上。
なかなかのイケメンですらりとした知的な男性。

会った瞬間、「あれ?今回はこんなに素敵な男性でいいの?」って疑ってしまうほどだった。いや、私が今まで出会ってきた男性がダメすぎたのかな。。。

エスコートも完璧。
会話も弾み、雰囲気作りも完璧。
服装もさりげなく遊び心があって品があって素敵。
かなりの収入もあるみたいで素敵。
全てがスマートな人。

浮かれ気分でレストランで楽しい時間を過ごし、是非ともまたお会いしたい気持ちでいっぱい。
彼から誘ってくれるかな〜
私から誘っても見てもいいかな〜
なんてドキドキワクワクしてたの。
なんだろうこの高揚感、久しぶりすぎて幸せ。

家路につき、電車の中でお礼のメールを送ると同時に彼からのメールを受信。
「是非またお会いしていただけませんか?」だって〜。
電車の中で小さくガッツポーズして喜んじゃった。

でね、2回目のデート。
銀座の某有名宝石店の前で待ち合わせ。
待っている時間にジュエリー眺めていられるから飽きない。お天気さえよければこの待ち合わせは良いかもしれない。

無事に会えて、お昼近いしどこのレストラン予約してくれたんだろう?と勝手な妄想をしているとね
その宝石店に入っていく。

あれ?何か見たいものでもあるのかな?
とりあえず付いていった私。

彼は前回と同様にスマートな立ち振る舞いで店員さんに話しかける。
「彼女に婚約指輪をプレゼントしたいんです。
 彼女が気になったものを試着させていただけますか?」

彼女って私?婚約指輪?
他に結婚したい女性がいて私に選ばせるの?まさかね?

???????
頭の中が?でいっぱいだった。

すると店員さん満面の笑みで
「ご婚約おめでとうございます!
 美男美女とてもお似合いのお二人ですね」と営業トークが始まってしまった。

おっと。
冷静になろう。
場を俯瞰してみよう。

これは私と彼が婚約して婚約指輪を買いに来たカップルという設定になってるじゃないか。
しかもこの場でその設定を理解できていないのは私だけよね。

思わず彼の顔を見ると爽やかな笑顔になっちゃった。
「値段は気にしなくていいよ。
 君に安物を贈ることはしたくないから。」

いや、かっこいいよ。
その笑顔も言ってることも全部かっこいいよ、認める。

でもね、私たちまだ会うの2回目だよね。
しかも前回は初めての出会いで、夜景が綺麗なイタリアンレストランで2時間半当たり障りのないお話ししただけだよね。
たしかお付き合いもしてないし、婚約なんてしてないよね。
私記憶障害じゃないよね。。。

店員さんはオススメの商品をどんどんケースから出してくるし、彼もノリノリで私の指に試着させてくるし
その指さ、左手の薬指だよ〜って言いたかった。

確かにこんな有名ブランドジュエリーもらって嬉しくない女性はいないけど
ただのプレゼントならピンキーリングとかネックレスとかブレスレットにして欲しいよね。

このまま流されたら私の人生おかしくなること間違いないから意を決して
店員さんに聞かれないように彼の耳元で聞いてみた。
「婚約指輪って言った?婚約?」

またもや爽やかな反則技の笑顔で
「そうだよ。
 もうメロンを他の男には譲れない。
 婚約指輪は僕の選んだこのお店で買わせて。
 結婚指輪はメロンが好きに選んでいいから。」

「今日はここで指輪選んだら美味しいランチに行こう。
 午後はメロンの好きなお花がいっぱい咲いている植物園に行こう。
 そこのカフェで新居と結婚式の打ち合わせしようか。」

私の耳元で何やら甘い言葉を囁いている。
きっと店員さん、ラブラブカップルだと思ってるだろうな。

私がもし20代前半で世間知らずな女の子だったら
もしかしたらうっかり流れに乗ってしまったかもしれない。

でもね、私もう30代なんだよね。
本気の婚活なんだよね。
超能力者でもないからさ、1回会っただけで結婚決められないよ。

この宝石店に長居するのは良くないと判断し
「お腹が空いちゃったから先にランチでもいいかな?」と強引に外へ出る。

外で彼と真面目に話したかった。
「少し急ぎすぎじゃないかな?」って。

週末の銀座中央通り。
人がわんさかいる中でギュッと抱きしめられ
「ごめん。
 プロポーズが先が良かったよね。
 婚約指輪よりプロポーズだったね。
 急ぎすぎたよ。」

いやいや。。。。
その前に普通にお付き合いしませんか。
お互いのこともう少し知り合いませんか。

30代でこの行動はあれなのかな?
頭が少しだけくるくるなのかな?
頭の中がお花畑なのかな?

ランチはお断りしてカフェにしてもらい
カフェでゆっくり時間をかけて、まずはお付き合いからって話をしたの。

そしたら彼
「そうなんだね。
 メロンちゃんの年齢の女性は子供を急いでるだろうから1日でも早いほうがいいと思った。
 もしメロンちゃんが子供を何人も欲しいってなった時に後悔しないように、1日でも早く僕との結婚進めたほうがいいよ。
 結婚したって子供作らない選択肢もあるんだからさ。
 とりあえず結婚がベストじゃないかな。」

色々飛びすぎ。
とにかくびっくり。

早く身を引かないとストーカー化するかな?
でも、良く考えてみたらこんなに愛情表現してくれる男性少ないよね。
しかもこんなにスマートでピ〜ンとくる男性いないよね。

もう少し話し合ってみて
お互いに歩み寄ってみて
お互いを知り合ってみて

それから判断すればいいよね。。。
いいよね。。。

私、お仕事でもプライベートでもダメ男を見すぎて疲れちゃったのかな。
良いところがこれだけあれば
マイナスな部分をせめてゼロに持っていければいいかなって思うようになった。
ずっと完璧でいれる人間はいないし
私だって全然完璧じゃない。

いつまでも白馬に乗った王子様を探してばかりじゃいられない。
現実を見よう。
お付き合いしてみてダメになったらなら仕方ない。
でもお付き合いしてみないとわからないことも多いよね。

ただの遊びじゃなくて真剣交際しないと見えない部分ってあるよね。

ということで、メロン初の結婚相談所でいうところの交際期間に入っております。
とはいえ、まだ2回しか会ってないんだけどね。

今週末に3回目のデートをしてくる予定です。

The following two tabs change content below.
楠木メロン

楠木メロン

ホリ子さんの子分よ。年齢は秘密。某出版社の編集者。独身。ホリ子の美貌や行動力に憧れてる。私も婚活してるけど、男の嫌な部分をたくさん見ちゃってホリ子さんと結婚したいなって。時々結婚相談所のお手伝いさん。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る