体調が悪くて断ったのに、会おうとしてくる男のストーカー気質

自分勝手な男は世の中にはたくさん。我慢の限度というものもあるわ。どうしても会いたい場合もあるしある程度のわがままは許すけど、限界線を乗り越えた段階で、ひいてしまったという話よ。

初めて婚活支援会社の紹介で出会った31歳男性。知的な技術職ということで楽しみだったわ。見た目も悪くないし、清潔感もあって、なによりも優しかった。その優しさに騙されるところだったわ。優しさの裏には、ストーカー気質がたまに隠れているので、きちんと見破る目を持つことが女にとっては大事よ。

初めての出会いが、1月25日くらいだったかしら、次の約束を2月15日に設定してその日は別れたわ、

だけどしばらくして連絡があって、「1月29日に時間があくから会えないか」と連絡があって、私もちょうど時間が空いてたからお会いしたの。楽しかったし、やっぱり優しかったし、手をつなぐくらいまでは許したわ。

それからしばらくはメールと電話でやりとりしてたの。まあでも電話ってちょっと負担があるなって思ったけど、優しい人だからまあいいかって思った。

その間に、「好きだ、好きだ」ってなんども言われて、「僕はあなたしかいない!」なんていう言葉もかけられ続けたから、なんというか少しハッピーになりつつ、でもなんだか洗脳されてきている気がして、なんとなく心に違和感が生じ始めたの。

「恋人」とか「彼女」とかっていう言葉を何度も聞くと心が揺らぐ一方で、「ちょっとその単語多すぎない?」とか「焦ってない?」とか「展開はやくない?」って思い始めちゃって。

そんな電話の中で、出張が早く終わって帰れるからということで、2月8日に会えないかって連絡があってね。違和感を感じながら「いいよ」って返事をしたんだけど、その予定の日の数日前から体調が悪くなって、2、3日前から「体調があまりよくなくて・・」って連絡してたの。

だけど、普通の男性は、
「じゃあ、体調が良くなってからまた会おうね」
とか
「無理しなくていいからね。8日はとりあえず無しにしよう」
っていうじゃない。これこそが思いやりというか優しさだと思うの。

だけど、8日の朝に私が体調が悪いので今日は延期したいと連絡したのですが、
彼、「20時まで待つからもう一度連絡して」という返事が来たの。

そして17時頃に、「体調が治らないのでやっぱり厳しい」と連絡したら、
「やっぱり無理かな?」
だって。

普通、聞き返すかよと思った。体調が悪いのに、なぜこさせようとするのだろうか?
風邪がうつってもいいのか?
それとも私への気遣いは皆無なのか?

具合悪い中、長距離を移動させようとする彼の心理はまさにストーカー。

自分勝手な男の度が越しているパターンな話よ。病的なほどに、私に関わろうとする心理。

こういう男とは、つきあっちゃだめ。必ずストーカーになるし、理由をきっぱり言って、すぐにブロック。もしくは婚活支援会社の担当者に連絡して、連絡をしないようにしてもらうのがベスト。

一般の出会いって、婚活支援会社が間に入らないので、正直怖いなと思うわ。婚活支援会社を使わないのであれば、誰か間に入らせることが大事なのかもしれない。

優しさの裏に隠れたストーカー気質を見破る能力を、女性には身につけて欲しいわ。こういうところはなからず束縛してくるし、DVになりやすい。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る