キャンキャンうるさいドタキャン男。他人の時間を平気で無駄にする男の話。

ドタキャン男の話。
紹介を受けて1度目は約束通りに来たのよ。
建設会社の営業さん40歳、とても面白いし気遣ってくれる人で、もう少しお話ししてみたいなと思ったの。

2度目の約束はね、「東京駅に19時」だった。

でもね、18時45分にメールが届いた。
「ごめん。急に仕事が入った。また今度。」
…残念だけど仕方がないわよね。急にお仕事入ることもあるもんね。

仕切り直しの約束はね、3日後の「東京駅に19時」だった。

でもね。18時50分にメールが届いた。
「ごめん。今日は無理っぽい。」
…残念だけど仕方がないわよね。そうゆう人ってことだ。

その日の24時頃、謝罪の電話が来たの。一応理由を聞いてみたわよ。
「ごめん。ちがうんだ。会社の後輩から飲み会に誘われて断れなかったんだよ。明日は大丈夫だから、明日会おう!」
ドタキャンの連絡をする時間についても聞いてみた。
「ごめん。ちがうんだ。飲み会に遅刻しそうで走ってて連絡が遅くなっちゃった。」

。。書いてて悲しくなっちゃった。

ここまでだと、私に興味がないと判断するんだけどね。

私が電話もメールも拒否したもんだから、翌日、彼が私の会社の前で待ってたの。
「ちがうんだ。話を聞いて欲しい。」
話す時間が無駄だから、ごめんなさいと走って帰った。
それから2日、会社の前で待ってたわ。
「本当にちがうんだ。とにかく話を聞いて欲しい。」

。。書いてて怖くなっちゃった。

何が「ちがう」のか分からないけど、ストーカーにちがいないわよね。

The following two tabs change content below.
楠木メロン

楠木メロン

ホリ子さんの子分よ。年齢は秘密。某出版社の編集者。独身。ホリ子の美貌や行動力に憧れてる。私も婚活してるけど、男の嫌な部分をたくさん見ちゃってホリ子さんと結婚したいなって。時々結婚相談所のお手伝いさん。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る