カフェでのお会計時に、小銭をトレーに投げて渡す30代半ば男の話

カフェでね、男性をご紹介していただいて二人でお話することになったの。

他愛もない話ばかりよ。

ただ、何か引っかかるものがあって、好印象のひっかかりではなくて、悪印象のひっかかり。

胸の中がそわそわするの。

器が小さい?
会社に不満を持っている?
人生に不満を持っている?
同僚は結婚して子供がいる?
ん?プライドが傷ついてる?
他人を羨ましがってる?
こんな人生ではなかった?

こんな感情が沸きつつ、質問をしても、結果的にネガティブな結論で終わる。

どんな自分になりたいのかが見えない?
ハングリー精神がない?

こんな感情のオンパレードだったわ。

頼んだコーヒーも空っぽ。

でも気がつかないみたい。なにか、ちょっとした甘いものもあるとリラックスできるんだけどなと思うけど、この雰囲気だとイライラくるだけかな。

なにか、追加でオーダーしてくれるやさしさがない?
そもそも気がつかない?

早めに切り上げたくなって、そろそろお仕事もありますのでと失礼しようとしたら、彼も「では一緒に出ましょう」ということで一緒にお会計をしたわ。

ホテルのラウンジのカフェなのでそこそこなお値段。

でもそこで見たのは、彼の本質。

小銭を出して支払うときに、お金を置くトレーに、投げて渡してるの。ぽいって。ゴミを捨てる感じに。

彼にとって「お金=ゴミ」なのかしら。

なるほどねと思ったわ。

あなたがお金を嫌っているように、お金があなたを嫌ってるわ。

お金は運と密接につながっているものよ。世の中を回っているもの。

そのあなたの嫌な思いが、ぽいっと投げ捨てたお金に移って、世の中に広まってるわ。

だから運が悪いのよ。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る