現場監督そのままの40代男性。声が大きいし鍵がチェーンについてジャラジャラ。

男性は、「遊べるから結婚しなくてもいい」と思って35歳を過ぎると、いつのまにか40代。

「まだまだ遊べる」とか「拘束されたくない」と思って、まだ大丈夫だと思うと、いつのまにかアラフィフ。

もはや、ご結婚は、相当な魅力がないと厳しいと思うわ。

いや相当な魅力があってもね、この年齢だと本当にきついの。だからこそ、おしゃれに気を使わなければならないし、雰囲気に合わせたり、雰囲気に迎合しなかったりとその場のバランスを考えながら、自分の対応や態度、会話の内容、そして流れを決めていかないと、女の心には響かないものよ。

45歳の建設業の自営業の男性の話。一人親方っていう言葉を聞いた人もいるかもしれないけど、現場監督を受注している方よ。

建築業界は、今は人手不足。だから相当に儲かってるのは間違いないわ。だから、高級料理店もよく出入りしているようだし、キャバクラや風俗でも遊んでいるみたい。

儲かってるから
「もうこの世は俺のものだ〜」
みたいに感じて、場を読まない人生の路線に入られたのかもしれないけど、

デートにアマゾンから帰ってきたような服装するかな?と。

Tシャツの上にベストを着て、何やら工具類が入ってそうなイデタチ。
だぼだぼっとしたチノパンにブーツ。それでいて、ズボンにはチェーンがかかっていて、鍵がたくさんついてる。

「まずいでしょそれ」(私の心)

歩くたびに、ジャラジャラ鳴ってて、ど肝を抜いたわ。アマゾネス。

でもね、美味しいレストランに連れて行ってもらったわ。それは嬉しかった。

だけど、現場監督なだけに声が大きくて、なんだか下品すぎてだめだった。服装もレストランに全くあってないし、そのアンバランスさは、生き方そのものを表すイメージ。バランスを欠いた方だと、女性は何もかもに違和感を感じ、逃げるにきまってるでしょと言いたかった。

無理だった。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る