距離感を掴めない男性は「大事な話があります!」と連絡してくる法則。

距離感が掴めない男性のLINEの実態は、一方向コミュニケーション。数週間の我慢で、うんざり気味になったのを感じとったのか、最終兵器が投入された。

「大事な話があります。よかったらすぐにでも会いませんか?」

とくる。まず、すごい心理的なプレッシャーがかかる。何事か!!と思う前に、何者ぞ!!ってなる。

一方向コミュニケーションに疲れてきた頃にこれか!となる。

何か事件でもあったのか、もしかしてプロポーズなのか、それともお金貸してなのか、いろいろ想像してしまい、夜も眠れなくなるので、とりあえず翌日の夜、会社を早めに切り上げて会うことにして、現場についてちょっと食事しながら話を聞くと・・・・

「今度、一緒に映画を見に行きませんか?」とくる。

「・・・・・・」

これが、嫌悪の増幅の始まりでもあり、確信でもあった。

それ以降、急速に距離を離すべく、ジェットエンジン積んで逃げようとするけど、彼は走って追いかけてくる。しかも裸足。ジェットエンジンよりも早い。

どんどん追いかけてきて、耳元で囁く。「大事な話があります」。

「ごめんなさい。もうおつきあいできません。」と書いてブロック。

Facebookでもくる。ブロックする。

SMSでもくる。ブロックする。

待ち伏せされなかっただけマシだけど、彼は、自分の何が悪いのかわかっていないのは明らかだった。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る