「特別な夜にしよう」って盛り上がったけど、初夜の鐘がチンって鳴った。

特別な夜のネタは、結構たくさんあるわよ。ホリ子が30代男性と付き合い始めた頃の話。結構昔の話よ。

何度かデートしてそこそこ楽しくて、プラトニックな関係の恋人っていう感じになったの。一週間先の夜のデートのお誘いを受けて、そろそろかなって思って、期待してた。

だって、彼、

「特別な夜にしようね」って言ってくれたし、「一生の思い出にしよう!」とも言ってくれた。

だから、「泊まりもOKだよ」って伝えた。

私は期待したわ。きっと素敵な夜景の見えるシティーホテルの上層階のレストランで、その後部屋に誘ってくれるのかなと思った。美味しい料理と、素敵な夜景、そして素敵な部屋で一緒に過ごす。腕枕をしてもらって、胸に飛び込みながら寝る。寝てる私の姿を見て、肩が布団から出てたらそっと上げてくれる。寝てる間に、そっと手を繋いでくれる。

愛に満ちた時間を、共有できるのかしらって期待した。

待合せ場所が池袋のメトロポリタンだったわ。あそこのレストランかなと期待して、ロビーで待って合流したら、なぜか一緒に外にでちゃった。

「あれ?」
「ん?迷ってる?」

しばらく歩いて、〇〇の瀧っていうチェーン店の居酒屋についた。

「ん?何か違うな・・」

焼き鳥を食ったわ。意外とマグロもうまかったわ。純米大吟醸じゃなくて清酒をぐいぐいいったわ。そして、満腹になった。

満腹中枢が刺激されて、「もう、どうにでもして」って思ったわ。ある意味、「諦め」よ。期待感が絶望感に変わる時によくある感情の揺れよ。

そしてついにホテルに泊まったの!

古びた安いラブホテルだった。和式トイレ付きの。

一生の思い出になったわ。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る