【婚活】本とかアルバムをお渡しされても・・・デートで10割喋る50代後半男性

こんにちは。ホリ子お姉さまの子分、ミラクル彩芽です。

先日、令和婚決めた女子友からのアドバイスで、
「アラサーアラフォー独身女がモテるのは、同世代よりもうひとまわり年上よ。」
というありがたいお言葉を受けて、早速お願いして、婚活担当の方に紹介していただきました。

ホリ子お姉さま達にこの話したら、なんか面白がられてた(笑)
まぁ、全アラフォー、アラフィフ男性が白馬のオジサマじゃないのはわかってますよ。
ホリ子お姉さまのコラム読んでたら、ね(笑)

今回の方は50代後半。
幼稚園の経営をされていて、その他の事業も・・・ご立派な肩書・・・

40代自営の方とのデート経験はあるけれど、大丈夫かぁ、彩芽。

なんとなくおじいちゃん先生を想像していたのだけれど、意外とそこまでおじいちゃんではありませんでした。

年齢相応におでこが、横に手のひら2枚くらい並べられるくらいの広さで、おでこの広い方って、賢いっていうんでしたっけ?お金持ちが多いっていうんでしたっけ?

女性によってはおじいちゃん認定されるかもしれないけれど、さわやかというか、こざっぱりとされているなぁ、と思っていたの。

オジサン臭がしない。

「仕事の後、ホテルに戻ってシャワーをあびて、着替えてきたんですよ。」

どおりで手のひら2枚分のおでこが、汗でテラテラしていないわけね。

小丸ホリ子
これ大事よね。50代後半の男性って、8割臭いから、きちんとお風呂に入ってくれている方だと、気が楽になるよね。私もなんだか最近体臭がきつくなってきた気がするわ。

こういう感覚、同世代の男性の、とくにスーツ組には、あまりいないような気がするなぁ。

香水やタブレットで、体臭口臭をごまかして、仕事後のヨレヨレスーツで現れることが多い。
たぶんそれで十分だと思っているし、女子もそれに慣れている。

上品で眼鏡の奥の笑顔が素敵な「先生」、今日は良い時間にしましょうね。

東京駅で待ち合わせてからの、銀座までタクシー、お店までの鮮やかなエスコート。

「園長先生なんだ。」

なんだかうっとりとしてました。

なるほど。女子友の「紳士」「堂々とした」「リードが得意」というキーワードを思い出す。

着いた場所は日本料理店。デート場所としてはちょっとめずらしいチョイス。

デートというよりは、ご年配の親戚に気を遣って、連れて行くようなお店かなぁ。
お料理も高級めで失礼にあたらないような、間違いのないお店。
さすが先生はチャラチャラしたお店は選ばない(笑)
こういう非日常空間もあるよね、と勉強させていただきました(笑)

健康上の理由で、アルコールを控えていることを伝えると、
「1杯だけいかがですか」と勧められて、少しがっかり。おじさんっぽい。

「1杯だけ付き合って」って絡んでくる取引先の上司と飲みに来ている情景を思い出す。
あれ、嫌いなの。
でも、まだ気にするほどまででもないなと思いなおしました。

注文が終わり、さてさてトーク開始というところで、テーブルの上に、謎の立派な装丁の大きな冊子が現れた。メニュー・・・、なわけない。

「荷物になるかとは思ったんですが・・・。」荷物??どういうこと??
こんな重たそうな本を持って帰ってということ??

拝見してもよろしいですか、と中を開いてみる。
そこには先生の園児さんとおぼしきお写真でいっぱいで、なんだろう、この本。

これを私に??
なんで??

疑問とともに、疑念がわいてきて、困惑してしまいました。
アルバムのような、幼稚園の紹介本なのか、お気に入り傑作選なのか、なに??

それにこのご時世、お子様の顔がたくさん載っている写真集を彼のような地位の方が、ましてや多くの子供を預かる教育者が、公の場所で第三者にプレゼントするなんて、問題にならないのでしょうか。
私が親だったら、絶対に嫌ですね。

これまでの婚活でも、他人の子の写真集を配ってたの・・・??

園長の意気込みだけいただいておきます。本いらないっす。

園長先生で、普段から4、5歳の子供たちから行政、保護者、従業員、その他関係者の方々と、幅広くお話されるだけあって、話し方はさすがで、最初はおもしろくお話をうかがっていたんだけれど・・・

さっきの疑惑の写真集プレゼントというボディブローが、実はずいぶんと効いてるみたい。

だんだんと疲れてきちゃった。疲れてきた理由はそれだけじゃないみたい。どうも、10割彼が話しているからかもしれない・・・「私には興味はないんだ・・・」

それに気づいてきたんだけれど、トークというより、「園長先生のお話」「大学の講義」。
先生がひとりひとりの園児、生徒の顔をみて説明するように、アイコンタクトとられて、上手だなぁとは思うけれど、こっそり「あくび」を押し殺してます。

昔あったわぁ。

早く朝礼終われーって思ってたなつかしい時代をぼんやり思い出して、ノスタルジー感じてきて、頭がボーっとしてきちゃう。

あぁ、早く終われーって、彩芽思い始めてるのか・・・。
今日1日はこれでいいんだけれど、そう毎回毎回、この調子なんだとしたら、飽きそうだなぁ。

うん。先生の若い頃のお話だとか、幼稚園を持つまでの経緯だとか、お仕事の実績だとか、お話の構成の組み立てはさすがで、講演会としてはいいんだけど、彩芽の話にまわることもなく、また聞き役としても「そうなんですね」「すごいですね」としか、相槌のうちようがない。

あと数度にわたる「1杯だけ付き合って」が、うっとおしかった。

小丸ホリ子
ホリ子から一言。キャバクラでお話したらいいのにね。

時代に合ってない言動は、この世代特有の悪いところが出てたなぁと思う。

帰り際、バッグに入らないし、とか何とか言って、まず本から断ろう、と。

いつしか、トキメキが消え失せてしまった彩芽、まぁ色んな意味で「学びのデート」でした。

The following two tabs change content below.
ミラクル彩芽

ミラクル彩芽

ホリ子姉さんの大学の後輩です。15歳年上の男性に恋をしたけど実らず、その後40代男性をメインに婚活しているのですが、正直言って微妙。ホリ子姉さんに助けてほしい。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る