婚活しながらハーレムを作ろうとする男って結構いるよね

45才の美容室を経営している男とお食事をしたの。

一見さんお断りの、敷居の高いレストランに連れて行ってくれてね。
彼、ワイルド系イケメンで背も高くてエスコートも完璧で、私テンション上がっていたの。

会話も盛り上げようと一生懸命に楽しい話題を提供してくれたわ。
お食事はね、コース料理だったんだけど、事前に私の好きな食材や料理を聞かれていて、その食材を使った料理を作ってくれたの。
私専用のコース料理。だから本当に好きで食べたいものばかりで幸せだった。

シャンパンやワインもね、ソムリエさんが最適なものを選んでくれて、絶妙なタイミングでついでくれて、私、自分がお姫様になったかのような錯覚をしたわ。

ここまでは本当に完璧よね。
ここまでなら多くの女はコロっと落ちると思うの。

確かに彼はモテるわ。認めるわ。

でもね、彼ね、私の名前を覚えなかった。
帰り際、タクシーで送ってもらうその瞬間まで私の名前を呼ばなかった。
私に興味が無いわけじゃなくて、トラブルを防止するために女性は全員「子猫ちゃん」もしくは「ラブちゃん」と呼ぶことにしているらしい。

トラブル防止。。。なるほどね。。
お食事デートの相手にはいいのかもしれないけど、結婚なんて考えられないわ。
本人も遊びたいのに、なぜ婚活しているのか不思議よね。

The following two tabs change content below.
楠木メロン

楠木メロン

ホリ子さんの子分よ。年齢は秘密。某出版社の編集者。独身。ホリ子の美貌や行動力に憧れてる。私も婚活してるけど、男の嫌な部分をたくさん見ちゃってホリ子さんと結婚したいなって。時々結婚相談所のお手伝いさん。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る