経営者っていってもピンキリ、ブサイクな口説き方だったわ。品性ない、文章読めない、美味しいものがチェーン居酒屋。

結婚相談所の会員さんからお食事のお誘いがあったの。50代経営者の男性。

「いろいろと相談したいことがあるからディナーに付き合っていただけませんか?僕は美味しいお店をいっぱい知っているので美味しいものを食べながらでも!」って言われたら、忙しいから本当は面倒なんだけど、行ってもいいかなって気持ちになるわよね。
偉そうにしている経営者さんがオススメする「美味しいもの」に釣られたの。

実際に行ってみるとね、まずレストラン予約していない。
いくら平日とはいえ夜の新宿よ。不安になったわ。

「何が食べたいですか?」って聞かれて「美味しい日本酒とそれに合うお料理がいいです」ってリクエストしたの。
でね、雨の中歩くこと10分。

繁華街の雑居ビルに入っているチェーン店「個室居酒屋」さんに連れて行かれたの。
ここ!?
全く美味しいお料理が出てくるお店に見えないんだけど。。
ここって学生さんとか会社の飲み会で使うお店なんじゃないのかな。。

でもね、食わず嫌いだったら失礼だから、とりあえず入店したわよ。
タッチパネルでの注文。お店のオススメを2〜3品頼んだわ。
不安すぎる。

タッチパネルで注文してからドリンクが出てくるまで20分。
喉からからよ。
経営者の男性、「遅かったね〜喉乾いちゃったよ」と学生アルバイトであろう店員さんを責める。
女の子は必死にペコペコ頭下げて、すみませんでしたって謝ってたわ。
それを見て男性「謝ってたね。ちゃんと言わないとね」って満足げ。

男性の態度に私は気分悪くなったわ。
アルバイトの女の子のせいじゃないし、そもそも低価格帯のお店を選んでおいて、お店に対しての要求が高すぎるんじゃないのかしら。
それなりのサービスを求めるのであれば、それなりのお店に行けばいいじゃない。
「美味しいものを食べさせてくれる」を売りにしてる人がチョイスするお店じゃないわ。

もちろん出てくるお料理は、安いスーパーのお惣菜の方がまだマシかもしれないというレベルのもの。
「好きなものを好きなだけ頼んで食べていいからね。気遣い不要だよ」ってニコニコしてるわ。。。
私、普段はお料理残すの嫌いなんだけど、この時は全部思いっきり残してしまった。

男性の「美味しいもの」の基準がおかしい。
結婚相談所の「美味しいものが好き」という紹介文を削除するように依頼しようっと。

でね、肝心の「相談」なんだけど、内容は結婚相談所の「ご紹介の流れ」を読めばわかることばっかり。
相談でも何でもなかったわ。
ただ女性と話したかっただけ。
これ結構経営者の男性に多いのよね。文章読まずに、会って全部説明しろって。

その割に会話の3割が下ネタ&僕とメロンさんの相性合うと思うんだけどな〜って下品な口説きを挟んでくるの。
「相談がある」「美味しいもの食べよう」で結局「下ネタ」「安易な口説き文句」、なんてブサイクな口説き方なのかしら。
こっちは営業スマイル&営業トークしてるのわからないのかしら?
表情で気づきなさいよ!

経営者っていってもピンキリよね。
今回はメロンが人を見る目がなかったと思うことにして、帰り道にあるラーメン食べて帰ったわよ。

The following two tabs change content below.
楠木メロン

楠木メロン

ホリ子さんの子分よ。年齢は秘密。某出版社の編集者。独身。ホリ子の美貌や行動力に憧れてる。私も婚活してるけど、男の嫌な部分をたくさん見ちゃってホリ子さんと結婚したいなって。時々結婚相談所のお手伝いさん。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る