50代男性とのトラウマ食事デート。激ウマじゃなく、トラウマね。

なかなか最低なデートだったわ。

これまた50代男性のネタよ。時代にもよるかもしれないけど、特に2017年の今、50代後半男性ってネタの宝庫よね。第一印象は良い感じだけど、デートになるとその人の本質がわかるものよ。

結婚相談所で知り合って、デートに行くことになったんだけど、まずは食事デートが定番よね。

一応ね、ある企業の監査部門の男性だったから、チビでもいいかなとおもって、デートの了承をしたわけ。

で、わたしは一応ヒールが低めの靴を履いて、できるだけ彼の身長に合わせようとしたけど、それでも見下ろす感じ。一応気をつかったのよ。もしかしたら、ありかもと思って。ちなみにわたしは平均身長よ。

電話して出会って、最初は笑顔で結構可愛いと思ったわ。

歩く時もちょこちょこくっついてくる。

ちっこいのがしわくちゃな笑顔で少し後ろから歩いてくる感じで、側から見たらカルガモの列かな。

会社帰りだから、ちょっと臭い。それでいて、やけにくっついてくる。

ふらふら歩いているのかわからないけど、テカっている頭頂部がぶつかりそう。

「ずが高〜い」と言ったらどうなるんだろうと想像して、笑いを我慢して歩いたわ。

居酒屋を予約しているらしいけど、着くまでに20回くらい彼の肩が胸あたりに当たった感じ。頭頂部も近いし、やはり臭い。

ん?わたしのにおいを嗅いでるの?

多分そうだろうと思ったけど、まあカルガモの子だから親鳥に近づきたいのね、なんて思いながらどんな居酒屋か期待したわけ。

うーん、頭頂部クラスに光り輝くチェーン店。しかも鳥メイン。さらに、料理を注文する前に、プリントアウトしたクーポンを出す。学生か?と思ったし、今時プリントアウト?とか思いつつ、思考を別の世界へ追いやってスルー。

やっぱり、監査部門だからセコイのかなと。でもまあ、経済的にしっかりしている人だ、と瞬時に善意の解釈。

会話の大半が、前菜じゃなく、前妻と別れた理由。ずっと彼が喋ってたけど、まあ私との未来はどうでもいいらしい。セックスレスになったという話ばかり・・・。要は私とセックスしたいのね。

とりあえず9割ほど彼がしゃべってさ、1時間半我慢したわよ。もうそろそろ限界というところで「明日も早いのでお開きにしましょうか」とか言って、さらに20分ほどかけてなんとかお会計。

まあ2000円ほどご馳走してもらったけど、ほんと損した気分。それに、大人の味じゃないのでほとんど食べられなかった。

店員さんがさ、お会計をしにきたわけ・・・、そうしたらなんと伝票チェック。さすが監査部門。

お会計の金額見て「クーポン入ってる!?」って

ず(頭)が低いのにタメ口かよ、、と思いながら、

「はい、値引きしてあります」と丁寧な女性店員さん。超恥ずかしかったわ。

伝票に10%値引きって書いてあるし、身長も私より10%引きじゃない、、、と頭の中で現実を無理やり笑いにかえつつ、このデートがトラウマにならないように思考をすぅっと別の世界に追いやったわ。

やっすい酒を飲んで頭が痛い夜だったけど、彼としては、居酒屋で「セックス」という単語ばかり並べた影響かわからないけど、もうわたしとセックスするつもりでいるらしい。

短い足で追いつかれないように早足で歩いていたら、徒競走のスピード感でついてくる。追いつかれたぁ〜と思ったら、

「ホリ子はお腹が減ったら、不機嫌になるのかな?」って

・・・・うぅ・・・・

トラウマになった。

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る