婚活できない男性の職業と、婚活に失敗しやすい男性の職業。ネタはいろいろあるけど少しだけ書いてみた。

婚活会社の運営やカウンセリングに関わっていると、いろいろなことが見えてくるの。つい自分を見ずに理想を追いかけるのは、女も男も一緒よ。理想のお城なんて、なっかなか作れないのが現状。でも年齢の限界も迫っているし、40歳越えると、女性も男性も極端に難しくなるしね。50歳で処女はさらにもったいないわ・・・って何を書いているのかわらかなくなってきたけど。

実は女性にとっての男性の人気の職業とか、男性にとっての女性の人気の職業は全く違っていて、人気をお伝えしても記事的に面白くないと思うのよね。だから、率直に逆を載せちゃうわ。

今回は男性の職業よ。でも少ししか書かない!あんまり書くとこれを読んだ男性はショックが大きいと思うし。

女性の婚活できない職業は、いろいろだけど、今回は男性に絞って書こうと思うわ。

いっくら婚活会社経由でその男性を会員女性に提案してもね、やっぱり女性は出会いそのものをお断りをされる状況が続いていて、婚活会社に入会してもほとんど出会えないという職業なの。だから男性はね、理想を下げないといけないわ。

例えば女性の職業として、「チャットレディーOK!」とか「アルバイトOK」とかね。理想を下げることによって出会える確率がぐぐんボッキするわよ。血管浮いてるくらいに。

以下の職業の人は、ちょっと理想を下げないと厳しいかも。

・ビルや店舗や道路や人を守る人とか
・人を運ぶ仕事の方とか

どのご職業でも、世の中に絶対に必要なんだけどね。これがなかなか・・・・女性に理解してもらえない。

女性からすると職業イメージが湧きやすいわよね。つまらなさそうとか・・・それって結構本音。実際には、出会いそのもののお断り理由は職業ではなく別の理由を言ってこられるんですけどね。

それと現在の手取りもだいたいつかめるし、どこまで年収が高くなるかの青天井ではないし限界がみえているから、いわゆる十年後二十年後の生活水準っていうのが想像つくからだと思う。それと、働いている間、同じような悩みをずっと抱えて解決して、また同じ悩みを抱えての繰り返しが見えてくるから、超イケメンとかあそこが超大きいとかじゃないとアピールがなかなか難しいのよね。

男性ができる対策としては、理想を下げるか、転職するか・・・、その会社の役員目指すとか・・・人生の理想を語れたら良いと思うけど、理想はなかなか語れないわよね。職業的に・・・。難しいわ・・・

あとね、大学の先生っていうご職業も結構失敗しちゃいます。

「面倒くさ!」「なんかキモ!」ってなる場合が多いみたいです。粘着質に質問する癖があるのかもしれないけど、一度粘着質系の泥沼に陥った思考から抜け出さないと、「さわやかさ」がなくなるらしいです。ぬー!って現れてきたり、木を見て森を見ずの逆で、女性全体を舐め回すように森をまず見るのもこの粘着質系の方。

逆にいえば、大学の先生で、ノーベル賞をとった教授のように爽やかだったらモテるのよね。頭もあるし将来の夢もある・・・研究するって何かを発見することでしょ。だからそのあたりの理想を、10秒で語ればいいのよ。だいたい3時間くらい語られるけどね。(ホリ子が経験した昔の出会い)

The following two tabs change content below.
小丸ホリ子

小丸ホリ子

このサイト貰ったの。ただのストレス解消サイトよ。年齢秘密。バツイチ独身。男が好き。婚活支援会社を利用して婚活をしてるわ。ただ、わたし自身も婚活支援に関わることになってね。今はときどきカウンセラーよ。

同一カテゴリ記事

ページ上部へ戻る